探鳥会観察リスト


     定例探鳥会/曽根海岸(小倉南区) 201841日(日) 

時間:9:0011:45/天気:晴

 

 今年2月に参加したときは、皆さん防寒ジャンバーと帽子、手袋姿でしたが、今日は薄手のジャンバー

も途中脱いで歩く程の暖かい1日でした。PM2.5や花粉で少し煙っていましたが、マスクをするほどでは

ありませんでした。

 今日は「干潟を守る日」なので皆さんとゴミを拾いながら歩いていると、貫川添いの道路ではタバコの

吸い殻が多く、大野川河口ではビン、カン、ペットボトル、プラゴミ、バット、ヘルメット、バイクの部

品、靴、等々! 南新田の農道を歩いていると、ゴミ出しの日に出すようなビニール袋に、ビン、カン、

ペットボトルがパンパンに入ったまま捨ててあり、残念な事だなぁと思い、「もう、きりがないから行き

ましょう!」と皆さんが言いつつも、最後まで出来る限りのゴミを拾いながら集合場所に戻りました。

 今日は、少しでも曽根海岸が綺麗になるお手伝いができて良かったと思いました。

 

     一般探鳥会/部埼灯台(門司区) 2018415日(日) 

時間:9:0011:00/天気:曇のち晴

 

 天気予報は曇りのち晴れ。青空が見え始めた730分に部埼到着。しかし、部埼は人の気配もなく、

ヒヨドリの鳴き声もなく、超望遠レンズを構えるカメラマンもいない有様。三々五々参加者が集まりは

じめ、総勢15名の参加となりました。

 部埼灯台は昨年の大雨で石段の一部が崩れ、長い間通行禁止となっていました。今は崩壊した部分は

コンクリートの階段ができて通行止めは解除され登りやすくはなりましたが、残念ながら風情がなくな

りました。個人的には、残りの石段は現状のままがいいと思います。

 灯台からの眺望は、相変わらず抜群。メジロが数羽渡ろうとしますが、北西の風が強くてすぐに後退

してしまいました。カワウは右に左に一目散に飛んで行き(何処を往復しているのか、以前から?です)

カモメやトビは悠然と旋回しています。そんな中、アトリの群れ(40羽ほど)が渡って行きました。

またサンショウクイも2040羽の群れで計110羽ほどが渡っていきました(メジロの群れと間違え

そうですが鳴き声が違いました)。めったに見られぬ光景です。

 全く姿を見せぬヒヨドリ、しかし、10時過ぎにようやく100羽ほどの群れが現れました。例によっ

て灯台の周りを右に左に飛び回り、なかなか渡る勇気を見せません。それでも1度だけ渡る気配を見せ

ましたが、風が強く引き返そうとした時、上空からいきなりハヤブサが襲いかかりました。一瞬の出来

事でしたが、狩りは残念ながら失敗でした。昨日の雨で、ハヤブサは狩りができず空腹なのでしょう。

その後も営巣している崖の上空を旋回していました。ヒヨドリは樹間に潜み出てきません。雨上がりな

ので活発な渡りを期待していたのですが・・・。しかし、サンショウクイの渡りがしっかり観察できた

のは収穫でした。

<後日談> 翌日16日(月)再度部埼を訪ねました。8時〜930分の間に、165,700羽が渡り

ました。ハヤブサも盛んにアタックしていました。若鳥はまだまだ狩りが下手ですね。

 

     一般探鳥会/響灘ビオトープ(若松区) 2018420日(金) 

時間:9:0012:00/天気:晴/気温:23

 

 最近のビオトープの鳥情報ですが、シギ・チドリ類は、ツバメチドリ、ダイゼン、コチドリ、タシギ

等で、コアジサシの砂礫地は、昨年よりは少し近くにハート形に整備され、お客さんが作られたデコイ

を置いています。チュウヒは巣作りをして抱卵の様子です。

 今日はお天気も良く、探鳥日和の中、12人で出発です。一番池でダイサギのきれいな繁殖羽と緑の

眉班を見て、カルガモと、水面を飛んでいるツバメを見ながら、いつもの右回りのコースを進みました。

 途中、セッカのちょっとうるさい鳴き声を聞きながら、ホオアカがちょろちょろとしていて、モズも

止まっています。反対側から一番池を見ると、ハクセキレイとコガモだけで、のぞき窓に行くとオオバ

ンが増えています。オオバンの追っかけっこが楽しそうでした。その他は、カルガモとカイツブリ、

かし、
サンカノゴイは見つかりませんでした。

 遠くの木にチュウヒが止まっていましたが、アオサギが3羽来て一緒の木に止まりました。珍しい光

景です。デッキに来るとコチドリが見えて、上空をミサゴとタシギが飛んで行き、台地の方へ歩き出す

と、小鳥の群れが飛んでいて一番池に降りました。シギ類の姿のようなので、私たちも台地には行かず

に真ん中を突っ切って一番池に行ってみました。すると10羽ほどの群れは、ムナグロとコチドリでし

た。

 しばらく楽しんで、外側の道の方でキジの鳴き声がしたので探しに行くと、“猫”とヒヨドリ、ムク

ドリ、ツグミ、ジョウビタキ等がいて、ウグイスが珍しく木のてっぺんで囀っています。キジは見えま

せんでしたが、気持ちの良い春風の中の探鳥会でした。皆様お疲れさまでした。また、ビオトープに遊

びに来て下さい。


       











    

  

inserted by FC2 system