探鳥会観察リスト



     定例探鳥会/曽根海岸(小倉南区) 201764日(日)

時間:9:0011:30/天気:快晴

 

 車を手放して以来、すっかり探鳥会リーダーをご無沙汰していますが、探鳥部長も大変なので、1年に1回

くらいは引き受けなければと6月定例を担当しました。元来曽根海岸の鳥類は苦手なのですが、曽根海岸の鳥

類に関してはベテランさんばかりなので、安心しています。

 当日は、梅雨入り間近が言われていましたが、快晴で風も少々吹き、比較的しのぎやすい感じで探鳥会を始

めることができました。顔なじみの皆さんなので自己紹介は省略しましたが、比較的新しい会員さんを担当から

紹介させていただきました。今日の探鳥コースは、潮がほとんど引いてしまっているため貫川河口に向かい、南

新田の中を通り、戻って来るコースとしました。

 北九州支部の探鳥会でいつも感じるのですが、参加の皆さんは本当に和気あいあいで楽しそうです。鳥を見

つけるために目と耳を凝らして話もせず、そ〜っと静かに歩く探鳥もありますが、「この前こんな鳥見たよ」

「美味しいお店があったよ」と、談笑しながらの探鳥も楽しくていいですよね。

 さて貫川では、カワセミを見ることもなく(誰かが声を聞いたようです)、いつもの所でワンちゃんに吠え

られるのでそそくさと河口に向かっていると、「キアシシギ!」の声。まだ旅鳥がいるかな?と思っていたら、

「いや、ソリハシシギ」とのこと。脚は同じ黄色ですが、くちばし少し長く反っています。なるほど・・・。

 そして、遠く潮が引いた干潟では、はるか遠くにクロツラヘラサギがいました。帰りそびれた?いや、まだ

繁殖年令に達していない個体のようです(要するに色気がまだない?)。そして、いつもの杭にはミサゴが

休憩中。振り返ると、クリークのやぶでは複数のオオヨシキリが「ギョギョシ、ギョギョシ」と大きな声でさえ

ずっています。セッカの「ヒッ、ヒッ、ヒッ」がかき消されそうです。しかし、この鳥たちの声も、道路工事が進

んでいくと、来年は聞けないかもしれません。工事期間中どこかに避難する鳥たちが、工事完了後に戻って

来れる環境が復元されているでしょうか。期待半分、絶望半分といったところです。

 その後、南新田では先月たくさんいたアマサギもおらず、やや寂しく終わるのかなと思っていたら、「今日

モズを見ていない」との声が出た瞬間、電線にモズが止まっていました。「モズに電話したんでしょう」と大笑

いでした。探鳥が終了する時間には陽射しが熱く、夏到来を思わせました。鳥合わせでは26種で、ほとんど

がいわゆる普通種でしたが、普通種大好きな担当としては、ホッとした定例探鳥会でした。

 参加のみなさん、お疲れ様でした。これからも和やかな探鳥会でありますように。

 

 

     一般探鳥会/平尾台(小倉南区) 2017611日(日) 

時間:9:0012:00/天気:曇

 

 朝起きると空は雨模様。しとしとと降っている。平尾台は山の上だし、雲があれば台上は霧の中で、先が

全く判らなくなる。雷でも鳴り出すと避難する所がなく危険なので、中止かな?と思う。リーダーなので、

とにかく現地に行く必要がある。私の車に同乗することになっていた方に連絡を入れると、彼女も現地に

行くと言われる。待ち合わせのJR石原町駅では雨は止み、平尾台に進むにつれ、周りが明るくなってき

ている。台上には雲も掛かっておらず、遠くまで視界は良い。やはり朝の雨で出足をくじかれたのか、集

まったのは6名と少し寂しいが、雨が上がったので決行することになった。

 私たちとほぼ同じ時刻に出発した平尾台自然観察センターのグループ(以下センターG)と付かず離れず

の距離で同行する形となった。キジやウグイス、ホオジロ、カワラヒワといった平尾台定番の野鳥たちを観察

していると、遠くでホトトギスの鳴き声を確認。センターGの人の話では、一度カッコウが渡来したが、留まら

ずその後いなくなったとのことであった。この日も、ホトトギスの声は何度か聞かれたが、カッコウの声は聴く

ことが出来なかった。集落近くはホオジロばかりで、平尾台でのお目当ての一つであるホオアカの姿は、見

晴台近くになってやっと見ることが出来た。その後は、ホオアカやホオジロが混じってさえずる状況であった。

そしてセッカやヒバリの声もあちこちから聞かれた。

 折り返し地点の茶ヶ床園地で休憩していると、センターGの人が、竹でできた柵でシジュウカラが繁殖して

いる所を見つけ、観察していた。人の往来が激しい園地の入口の柵で営巣しており、親がひっきりなしに餌

を運ぶ姿を私たちも堪能した。

 帰りは、草原の中から森へと続く散策道を歩き、集合場所の駐車場に戻ってきた。森の中では、ヤマガラ

やソウシチョウの声を聞くことができた。

 中止と思われた探鳥会を無事開催することができ、担当者としてはホッと胸をなでおろすことが出来た。

 

◆ 一般探鳥会/正八幡神社(行橋市) 2017年624日(土)

雨天のため中止



 


       











    

  

inserted by FC2 system